fbpx

【小坂井敦則】半身不随からの復活!小坂井さんのプリンセチア4号

ピンク色がかわいい「プリンセチア」。プリンセスのように咲く、ポインセチアのような鉢花ということで「プリンセチア」という名前がついたのだそうです。

このプリンセチアを栽培するのは、愛知県弥富市を拠点に生産している小坂井敦則(あつのり)さん。この地域は、昔はポットマムという菊の栽培が有名でしたが、クリスマスにポインセチアを飾るようになってきた頃あたりからポインセチア栽培を始める生産者の方が増え、地域の産業としてポインセチアの栽培が根付いた場所でもあります。

同じお花を育てる仲間同士、月1回それぞれのハウスを見てまわり、効果的な栽培方法を教えあったりトラブルへの対処法を学ぶなどされているそうで、その甲斐あって、評価の高いポインセチアやプリンセチアを育てる方がたくさんいらっしゃいます。

さて、お待ちかねの、小坂井さんはこちらの方です(↓)

楽しそう(笑)こんなに元気なご様子ですが、実は8年前に脳腫瘍が見つかり、半身不随の生活を送ってきたご経験もお持ちの方なのです。

「ハウスに行けない時、植物のことが気になって仕方なかった。仕事の見え方が180度変わりましたよね。」

気候に合った温度・湿度管理を徹底して、発色の良い葉を作れるのが小坂井さんの強み。4号サイズなので、大きすぎずお花の管理もしやすいです。この冬は、小坂井さんのプリンセチアで暮らしにお花を添えてみてはいかがでしょうか。

【花の王国あいち】半身不随からの復活!生かされた命を花に
小坂井さん(43歳)のプリンセチア4号
(送料無料・日本一の花の産地愛知県から産地直送)
商品番号 990040636
価格 3,000円 (税込)

 

販売終了

 

生産者・お花一覧